eskapi

本日は、我がジャジューカと同じ柳馬場通にできた新しいお店についてです。
既にFacebookなどでは紹介致しましたが、こちらのブログにおきましても、
改めてご紹介を・・・


柳馬場仏光寺下る東側に5月5日にオープンした多国籍料理店eskapi
エスカピ。エスペラント語でescape逃避、の意。コンセプトは、以下の通り、
とのことです。以下、HPから抜粋致しました。

「店主がいろんな国で食べた美味しいもの、食べてみたいもの、いろいろ集めたお店です。
仕事でちょっと疲れた時、つらい事があった時、どこか遠くに行きたいけど行けない…
そんな時にeskapiにちょっと現実逃避しに来ませんか?」




格好良さと可愛さが絶妙に同居した内装・空間の中で、日常や喧噪から現実逃避しながら
フランス、モロッコ、中国、タイの家庭料理のセットメニューが食べられるお店。
ちなみに、内装のディスプレイの一部をjajoukaが担当致しました。

eskapiのオーナーさんは、元々、jajoukaの常連さんで仲良くさせていただいている方です。
元・薬剤師、という少し珍しい経歴をお持ちの、若い女性のお店です。





























3時〜6時までは、カフェ利用が可能。
モロッコのクレープ 「ムスンメン」や、フランスバスクの伝統菓子「ガトーバスク」
などがあります。











6時からは、ディナーのみ。各国の家庭料理を楽しめるセットメニューが数種、
前菜・メインで、各2,300円。(タイ、モロッコ、フランス、中国)


モロッコ料理のメインは、鶏肉と7種の野菜のクスクス。




フランス家庭料理のメイン、シューファルシ。




タイの屋台料理のメイン、カオマンガイ トード。
鶏の唐揚げのせごはん、といったところでしょうか?





中国は、漢民族の料理だけでなく、ウイグル族の料理もあります。


紅焼肉。上海の豚の角煮。




ウイグルの麺料理、ラグメン。




料理のお店なので、夜は、カフェ利用は不可とのことですが、カフェのように気軽な感覚で日常の喧噪から逃避しながら、世界各国のおいしい料理を楽しむことができますのでぜひ、夜に、料理を食べにいってみてほしいところです。



モロッコ料理とフレンチの我がjajoukaから徒歩三分。柳馬場通が、異国ストリートになることを願います。店が全然なく寂しい柳馬場通に素敵な店が増えました。柳馬場通が少し有名になればいいなぁ。

eskapiさんにもいってみてください。jajoukaも宜しく!




eskapi (エスカピ)

〒600-8075 京都市下京区柳馬場通仏光寺下ル万里小路町163エトワール四条1F

075-344-3387

定休日:火曜日

15:00-18:00 cafe time

18:00-22:00 dinner time

eskapi-kyoto.com





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recent comment

  • 中国「新疆ウイグル自治区カシュガル、上海再び」編
    jajouka
  • 中国「新疆ウイグル自治区カシュガル、上海再び」編
    ピコリーナ
  • jajoukaの休日
    AKIRA

links

profile